ネタバレなし 車好きなら読んでおきたいマンガ4選

いらっしゃいませ、雪山狂会 会長(@ykk919)です。

 

100個のやりたいことにも書いたように、欲しい車がたくさんある車好きです。

 

幼少期のバキュームカーに始まり、デコトラ、スポーツカー、スーパーカー、ローライダーといろんなジャンルの車が好きです。

 

そんな僕がおすすめの車マンガを厳選して4つ紹介します。

 

スポンサーリンク

 

1.頭文字D(全48巻)

舞台は群馬から関東全域

 

車マンガ界の富士山です笑

 

まさか、イニDを知らないって人はいませんよね?

 

出てくる車は、スポーツカーがメインです。

 

マンガはもちろんおすすめですが、アニメも車の細部まで忠実に再現されています。

 

車の勉強にもなりますよ♪

 

2.ナニワトモアレ(全28巻)

舞台は大阪、阪神高速環状線

 

関西の車好きなら知らない人はいない作品ですよね?

 

昭和から平成にかけて実際に流行った環状族の物語です。

 

どちらかと言うとケンカ要素が強めですが、個人的に大好きなので、エントリーしています。

 

ホンダ車が好きな方は、より一層楽しめますよ♪

 

なにわ友あれ(全31巻)

ナニワトモアレの続編です。

 

どちらから読んでも楽しめますが、やっぱりナニワトモアレから読んでください!

 

3.ジゴロ次五郎(全22巻)

舞台は埼玉県の川越

 

車×女×ギャグを掛け合わせた新感覚のマンガでした。

 

このマンガの良いところは車のジャンルが、なんでもアリなところです。

 

軽自動車、スポーツカー、VIP、オーディオカー、旧車、デコトラまでなんでもアリ笑

 

誰が読んでも楽しめる作品だと思います。

 

僕がキャデラックを、好きになった理由の1つです笑

 

4.カウンタック(全28巻)

舞台は関東

 

タイトル通り、ランボルギーニのカウンタックLP400の物語です。

 

スーパーカー好きなら、読んでみて欲しいです。

 

こちらは頭文字D同様に正統派車マンガだと思います。

 

車の詳細や背景の歴史などの情報量がたっぷりの内容です。

 

これを読むとスーパーカーオタクになれます笑

 

世界で400台ほどの1億円のエンツォフェラーリが、欲しいって言ってたなぁ笑

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

僕が選んだ4つの車マンガはいかがでしたか?

 

正統派なら頭文字D、カウンタック

ヤンキーならナニワトモアレ

ギャグやオールジャンルならジゴロ次五郎

 

どれもカッコイイ車がたくさん出てきますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

あっ、おすすめの車マンガあったら、教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください