雪の気持ち イヌではない

どうも、会長です。

 

スポンサーリンク

 

ふと、思ったんですが雪で遊ばせて頂いてる我々人間は雪が好きですが(除雪、雪かきダルいとか抜きにしてw)、雪達はどう思っているんだろう?

 

スキー場の雪達はワケの分からない太い1本の板や細い2本の板に毎日毎日踏まれ、板が走らないという人のエゴによって板に塗られたワックスで雪達ベットベットになる。

 

人々が歩いているとき雪達は踏まれ続けるし、車にも踏まれる。

 

ときには喰われることもある。

 

「あそこを歩いているなら僕は踏まれずに済むな〜」

 

「げっ、こっちきやがった」

 

「ぐへっ」

 

「痛いよ〜」

 

こんな感じなのかな?

 

そもそも雪達は人間を好いてくれてるのだろうか

 

人間に好き勝手されるから雪達は嫌っているのだろうか

 

おもちゃ視点のトイストーリーのように雪視点の映画作ってよピクサーさん(笑)

 

みなさんどう思います?

 

P.S.足跡は鹿かな?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください